メイン画像

聖書からの話し

聖書からの話し
牧師 栗﨑 学

   「敵をも愛する神の愛」

「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。あなたがたの天の父の子となるためである。父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。」   マタイ5章44,45節

 「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈る」。このイエス・キリストの教えほど、難しいと思われるものはないのではないでしょうか。皆さんにとって「敵」とは一体誰のことでしょうか?「私に嫌なことをしてきたあの人」のことを思い出すでしょうか?そんなことを思い出すだけでも腹わたが煮えくり返ってくるような思いが出てくるかもしれません。あるいは長い間、恨みを抱き続けている、あの人のことを思い出すかもしれません。
 私たちは誰しも、自分の幸せを願います。そして愛する者の幸せを願います。そんな幸せを脅かす存在に対して、私たちは敵対心を持つことは、ある意味では当然のことでしょう。そんな「敵」を愛するだなんて、「どうにかしている」としか思えないかもしれません。普通の人間にとっては、それが普通の反応でしょう。
 イエス・キリストは、なんとも信じられないような愛を示します。もしこんな愛が現実にあれば、この世界はどれほど平和になるでしょう。もしこんな愛が実在するならば、きっと様々な所で、平和が生まれるでしょう。しかし、一体誰が、そんな愛を現実のものとして実行することができるでしょうか。
  実は、それを実行したのがイエス・キリストです。そしてそんな完全な愛を持っている方、それが天の父であると教えてくださるのです。「あなたがたの天の父の子となるためである」とイエスが言われたからには、天の父こそ、そんな愛なる方であるということです。
 あなたは実は、こんなにすばらしい大きな愛で愛されているのです。あなたが神に対して、さんざん文句を言ったとしても、「神など信じない」と言ったとしても、たとえ神を敵対視しても、神は敵であるあなたを愛しておられるのです。
 そしてその愛をもって、イエス・キリストはあなたのところに来られたのです。あなたの背きの罪をすべて背負い、イエスは十字架へと歩まれました。このキリストの十字架の愛が、単なる思想としてではなく、現実のものであることを信仰によって受け取ったならば、あなたの心は神の愛で満たされます。あなたの周囲に、神からの平和が生じるのです。
 私たち自身の敵に対する憎しみ、恨み、その傷は、この方の愛によって癒やされます。腹わたの煮えくり返っていたその怒りを、神に委ねることができます。あなたの心が、神の愛と平和に満たされますように。


バックナンバー

TOP