メイン画像

聖書からの話し

聖書からの話し

   「愛は情け深い」
牧師 栗﨑 学

   「愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。」
   Ⅰコリント13:4

 イエス様は「互いに愛し合いなさい」と命じられました。とてもシンプルですが、とても深い教えです。愛の賛歌と呼ばれる上の箇所から、共に「愛」について考えてみましょう。
 「情け深い」という言葉の意味を皆さんは説明できるでしょうか?もちろん意味はわかりますが、説明するとどんな言葉になるだろうか?と、私自身は少し考え込んでしまいました。普段はあまり意識しない言葉かもしれません。広辞苑によれば、「あわれみぶかい。思いやりがある」と説明されています。またこの同じ箇所を、新改訳聖書では、「愛は親切です」と訳しています。
私たちが人に対して情け深くなったり、あるいは親切にしたりする時を想像してみますと、きっと相手の立場になって、相手の気持ちに共感して、その辛い思いを自分のものとする時に感じるのではないでしょうか。たとえば苦しんでいる人を見て、その苦しみに共感し、また自分も共に苦しく感じることによって、その人を助けたいと望む。つまりこの感情には、「共感能力」が関係していると言えるのではないでしょうか。
苦しむ人を見て、共に苦しむということは、エネルギーのいることです。自分を守ることを最優先するならば、「他人事」と割り切ることもあるでしょう。しかし愛は、相手の苦しみに寄り添う。そして共に苦しみを担って支えようとする。なかなか簡単にできることではないかもしれません。
 しかしイエス様は私たちに対して、そのような愛を持っていてくださることをまず覚えましょう。あなたが苦しい時、イエス様も共に苦しみを共有してくださいます。あなた自身が辛くて孤独を感じる時、イエス様は決して見捨てず、その辛さを最もよく理解してくださる方です。私たちはこのイエス様の愛に支えられて、この世の困難を担う力が与えられるのではないでしょうか。そしてさらに、私も隣人の痛み、苦しみに共感し、少しでもお支えすることができたなら、それはとっても素晴らしいことではないでしょうか。
 まずは身近な人の痛み苦しみに共感するところから始めてみてはいかがでしょうか?普段はつい、自分のことを優先させてしまう面があるかもしれません。しかし相手の気持ちに共感し、寄り添うところに、愛というすばらしい関係を築くことができるのではないでしょうか。


バックナンバー

TOP