メイン画像

聖書からの話し

聖書からの話し
牧師 栗﨑 学

   「愛は高ぶらない」

   「愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。」
   Ⅰコリント13:4

 イエス様は「互いに愛し合いなさい」と命じられました。愛の賛歌と呼ばれる上の箇所から、共に「愛」について学びたいと思います。
 「愛は高ぶらない」。考えてみますと、高ぶりとはなんとも不思議な心の作用であるように思います。と言いますのは、高ぶる人は自分が高ぶっていることに気づきにくいものですが、周囲の人から見れば、非常に見えやすい。自分のことなのに、自分が一番気づきにくい、そういう面があるのではないでしょうか。高ぶっている人を見ると、「ああいうふうにはなりたくないものだ」と思いながらも、ハッと気づけば、自分の心の内にも同じような思いがあるのです。
 また高ぶりは態度に出る時と、そうでない時があります。態度は高ぶっていなくても、心の内で高ぶっているなら、神様の目から見れば同じことです。高ぶりはいつの間にか、心の内から自然発生的に起こってくる。人に対していつの間にか上から目線になってしまう。いつの間にか他の人を見下してしまうような考えが生じる。そしてそのような態度は、人との信頼関係に亀裂を生じさせることにもなるのです。
 しかし本来、隣人を愛し、隣人のことを考える、そういう心ならば、高ぶりが生じることはありません。真の愛は高ぶることなく、むしろ謙遜な心を生じさせます。私たち人間はたとえ愛の行動を取ったとしても、ひとたび気を抜くと高ぶりが生じてしまう、非常に難しい面があるのかもしれません。そういう意味では私たちは純粋な真の愛を持つことはとても難しいことです。
 イエス・キリストは十字架の上で私たちに真の愛を示されました。あのお姿はイエス様の愛の姿であり、御自分を低くされた謙遜なお姿です。そのイエス様の十字架の前に立つ時、誰が高ぶることができるでしょうか。いつもイエス様の十字架の前に身を低くし、謙遜な心をいただく者でありたいと願います。


バックナンバー

TOP