メイン画像

聖書からの話し

聖書からの話し
牧師 栗﨑 学

   「愛は自慢しない」

   「愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。」
   Ⅰコリント13:4

 イエス様は「互いに愛し合いなさい」と命じられました。愛の賛歌と呼ばれる上の箇所から、共に「愛」について学びたいと思います。
 「愛は自慢しない」。自慢とは、「自分や、自分に関係の深いものを、自分でほめ人に誇ること」(広辞苑)とあります。
 私は時々自慢したくなることがあります。たとえば欲しかったものが、思っていたよりもずっとお得に買うことができた時です。私は高級品を買って自慢することはありませんが、良い物を安く買えたときに、人に自慢したくなるのです。そして心の中では、「それくらいだったらあまり嫌味ではないだろう」と思っているのです。しかしあらためて考えてみますと、それを自慢して、相手が「いいなぁ。うらやましいなぁ」と思ってほしい。つまりそれもまた結局は、自分のことを誇っている心であることには変わりありません。そしてまさにこの記事を書いている今、やはりそれもまた、「愛」の心から出るものではないことに気付かされています。
 「愛は自慢しない」。高級品であれ、お買い得品であれ、自慢する心は、自分を誇る行為であって、相手を思いやる心ではありませんね。もちろん、今ここで、「だから自慢はダメだ」ということが言いたいのではありません。たまには何かを誇りたい気持ちになることも、また私たち人間の現実なのかもしれません。
 なぜ人は誇りたいのでしょうか?もしかすると、人から「いいなぁ」とうらやましがられることで、「ああそうだ。私は幸せなんだ」ということを実感したい、そんな欲求があるのかもしれません。そうするために心の中では、人よりも自分が優位にあるような錯覚を得て満足を得ようとしている。そんな面があるのかもしれません。
 しかし愛は、自分の幸せよりも相手の幸せを考えます。相手の喜びを考えます。ですから愛は、自分を低くし、むしろ相手を立てる。そう考えますと、私が自慢した時に、「良かったですねぇ!」と言ってくださる方こそ、私に愛を示してくださっていることになります。
 自分のことよりも、相手のことを考え、相手を立てることを考えることは、小さな愛から始まるのかもしれません。自分の自慢よりも、人の幸福を喜ぶ者でありたいものです。


バックナンバー

TOP